スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2008年10月14日 本日の相場 

こんばんは、ウェービィです。

今日も激しい相場となっています。
日経平均株価の上昇につれてドルストレート、クロス円が全面高
ドル円も上昇幅は少ないものの一時は103円まで回復しました。
これだけの上昇を見せられるとすぐにロングしたくなりますが、慌てずじっくりと戻り売り押し目買いを待ちたいところです。


さて、本日の取引ですが、ひたすら様子見の為ノートレードです。
昨日の豪ドル円の分析ではペナントを上抜けた場合は戻り売りポイントまで様子見、15分足サポートラインを割ってきた時はショートでのエントリーとしましたが、就寝までどちらの動きもありませんでしたのでそのまま就寝しました。
就寝中にペナントを上抜け、さらに戻り売りポイントも越えて大幅上昇していましたので、分析が役に立たず、今日はずっと様子見していました。


続いて、明日以降のテクニカル分析です。

↓応援クリックお願いします!
外為ランキングにほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ


■明日のテクニカル分析
↓豪ドル円15分足チャート
20081014bunseki2


↓豪ドル円4時間足チャート
20081014bunseki


昨日の分析に引き続き、15分足サポートライン(チャートピンク線)は未だ破られず健在なことから、このサポートラインを割るところでショートエントリーを推奨します。
長い一つのサポートラインやレジスタンスラインの突破は勢いのある下落や上昇となるのでそのトレンドに乗っていきましょう。
普段であれば、さらに戻り売りを推奨しているのですが、4時間足をご覧頂くとわかるように

・遅行線>ロウソク足
・転換線>基準線
・ロウソク足が雲の中へ

となっています。
このまま雲を抜ければ上昇基調となることから、安易にショートすると大損してしまう可能性があります。
なので、先ほどのように15分足サポートラインを割ってからのショート一本がいいでしょう。
ただし、押し目買いが入り、すぐ上昇に転じる場合もあるので細かい値幅での決済を心掛けたいところです。



■明日の指標
15:00 独9月消費者物価指数確報
17:30 英9月失業率
18:00 欧9月消費者物価指数
21:30 米9月生産者物価指数
21:30 米9月小売売上高
21:30 米10月NY連銀製造業景気指数
23:00 米8月企業在庫
27:00 米地区連銀経済報告(ベージュブック)

明日は米指標がたくさんあり、どちらの方向に値が動くのか予測しにくいので、ポジションを持っている場合は指標までに決済し、新たにポジションを持つのはやめましょう。


それでは、明日もみなさんに利益がありますように  bye~~
スポンサーサイト
この記事が参考になった方はワンクリックお願いします!
外為ランキングにほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ





Powered by SEO Stats







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。