スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2008年10月13日 本日の相場 

こんばんは、ウェービィです。

久し振りの3連休でしたが、みなさん有意義にお過ごしになられたでしょうか?
少し寒くなり、温泉が気持ちいい季節になってきましたので、私は和歌山の龍神温泉まで行ってきました。
さすが3大美人の湯というだけあってお湯は最高でした。
ただ、アドベンチャーワールドでパンダの赤ちゃんが生まれたらしく、帰りの高速道路で大渋滞に巻き込まれて大変でした。


さて、本日の相場ですが日米休場となっており、値幅は大きいものの方向感のない相場が続いています。
方向感がなく、値幅が大きいというかなり不安定な相場のため、なかなかエントリーしずらい状況ではあります。
こういうときは様子見を基本として、エントリーしたならば小さい値幅での決済、損切りを心がけていきましょう。


それではチャート画像で今日の取引と明日からのテクニカル分析を見てみましょう。
今日の取引は豪ドル円のみです。



■今日の取引
↓豪ドル円15分足チャート
20081013kekka

先週の分析では67円midでの戻り売りを推奨しましたが、窓明けいきなりの67mid超えでしたのでしばらく様子見していました。
しかし、やはり上値は重たく、68円highでの反発から下落に転じました。
そこでいつもの手法通り、21EMA(チャート青線)と先行21EMA(チャート黄色)と5EMA(チャート紫色)の交差から下落に転じた時にショートエントリーしました。(チャート白○部)
そこから、21EMAを越えることなく推移しましたが、15分足サポートラインにて2回目の反発を確認した後決済しました。(チャート赤○部)


【取引結果】
66.89 short → 66.10 *3枚 = \23700

続いて明日のテクニカル分析です。

↓応援クリックお願いします!
外為ランキングにほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ


■明日のテクニカル分析
↓豪ドル円15分足チャート
20081013bunseki2

先週終りから綺麗に15分足のサポートラインに沿って、推移しています。(チャートピンク線)
また、レンジ上限(チャートオレンジ線上)の68円highとのペナントを形成しつつあります。
※レンジ上限は先週の分析から変更しています。
まだまだ下落トレンドですので、このペナントを上抜けた場合はロングせず、戻り売りポイントまで様子見を推奨します。
現時点での戻り売りポイントは69円low、70円での抵抗線です。
また、ペナントを下抜けるようであれば順張りショートを推奨します。
ただし、最近の一日の値幅が大きいので欲張らず、細かい値幅での決済を心がけましょう。



■明日の指標
15:45 仏9月消費者物価指数
18:00 独10月ZEW景況感調査
18:00 欧10月ZEW景況感調査
18:00 欧8月鉱工業生産
27:00 米9月月次財政収支

重要指標としてはユーロの指標ですが、これがドル円、豪ドル円にどう影響を与えるかはわかりません。
出来る限りポジションを持っている場合は決済をし、指標前にポジションを持つことはやめましょう。



それでは、明日もみなさんに利益がありますように  bye~~


スポンサーサイト
この記事が参考になった方はワンクリックお願いします!
外為ランキングにほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ





Powered by SEO Stats







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。