スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2008年10月9日 本日の相場 

こんばんは、ウェービィです。

今日は日経平均株価に左右された一日でした。
日経平均株価の上昇に伴い、ドル円は99円台から101円台まで上昇しましたが、やはり上値は重たく、なかなか上昇できずにいます。
豪ドル円も毎日激しい相場が続いており、今週前半の下落に対するリバウンドで大きく上昇しています。
これだけ動かれるとなかなかエントリーしづらいですね。


それではチャート画像で本日の取引と明日からのテクニカル分析を見てみましょう。
今日も取引は豪ドル円のみです。



■本日の取引
↓豪ドル円15分足チャート
20081009kekka

朝、チャートを見てみると就寝中にペナントを形成していた下値抵抗線を割ってきていましたので、今日は昨日の分析通り、レジスタンス(チャート赤線)での戻り売りを狙っていました。
67.5円の抵抗線では勢いよく上昇したのでスルーし、69.5付近での跳ね返りを確認した後にショートでエントリー。(チャート白○部)
そのままダラダラ下げるかと思いきや21EMAにサポートされ、大きく上昇してきたのですぐに損切りしました。
その後、次のレジスタンスの71.5円付近での折り返しを確認後、またショートでエントリー。(チャート白○部)
21EMAのサポートが強そうでしたのでこちらは21EMA近辺(チャート赤○部)にて決済しました。
決済合計では若干のプラスでした。

【取引結果】
69.55 short → 70.11 *4枚 = -\22400
71.33 short → 70.44 *3枚 = \26700

続いて明日以降のテクニカル分析です。

↓応援クリックお願いします!
外為ランキングにほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ


■明日以降のテクニカル分析
↓豪ドル円15分足チャート
20081009bunseki

激しい下落の後なので、リバウンドも激しくなっており、安易なエントリーは注意です。
下落基調の中、15分足ではサポートライン(ピンク線)を割ることなく推移しているのでこのまま上昇を続けるのであればしばらく様子見がいいでしょう。
サポートラインを割ってくるのであれば、まだまだ下落基調継続という見方ができるのでショートエントリーを推奨します。
ただ、買い支えも強いことから細かい値幅(30~50pips)での決済を心がけましょう。
ドル円の100円近辺は方向感のない動きをしがちですので、今後は豪ドル円もそれにつられて上下する可能性がありますので気をつけましょう。



■明日の指標
14:45 スイス9月失業率
15:45 仏8月鉱工業生産
15:45 仏8月製造業生産指数
20:00 加9月雇用統計
21:30 加8月国際商品貿易
21:30 加8月新築住宅価格指数
21:30 米8月貿易収支
21:30 米9月輸入物価指数

ドル円が100円近辺ですので米指標が注目されるところです。
指標が悪ければ大きく100円を割り込んでくる場面もあるかもしれませんね。
指標前にはポジションを整理し、新たにポジションを持つことはやめましょう。


それでは、明日も皆さんに利益がでますように bye~~
スポンサーサイト
この記事が参考になった方はワンクリックお願いします!
外為ランキングにほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ





Powered by SEO Stats







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。