スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2008年10月7日 本日の相場 

こんばんは、ウェービィです。

昨日のNYダウ史上最大の下落で10000ドル割れとなった影響を受けて、本日の日経平均株価も10000円割れと大きく下落しました。
いつもはダウが大きく下落しても次の日の日経平均の下落は織り込み済みで為替にはたいして影響がないのですが、さすがに昨日のダウはインパクトがあったようです。
豪ドル円はRBA政策金利で1%の金利引き下げをしたのを受け、ドル買いが進み、ドル円もそれにつられるように大きく上昇しました。
しかし、上値は重たく現在も方向感がない状況が続いています。


それではMetaTradere4のチャート画面で本日の取引(前日ブログ更新後)と今後のテクニカル分析を見ていきましょう。

MetaTrader4の導入方法過去記事はこちらから!


■本日の取引(前日ブログ更新後)
↓豪ドル円15分足チャート
20081007kekka


↓応援クリックお願いします!
外為ランキングにほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ


昨日は様子見を推奨していましたが、ブログ更新後に21EMAでの反発(チャート白○部)を確認した後、ショートでエントリーしました。
ただし、猛反発がきてもいいようにストップを77.50と浅めに設定しての取引でした。
結果としては今までにないぐらい短時間でかなりの値幅が取れましたが様子見しなければいけない状況でエントリーしてしまったことに反省しています。
あまりにも変動が大きすぎてマネーパートナーズの決済注文ができずゾッとしました。
なんとか運良く良く復活した瞬間に決済注文が成約しましたが、これが反対の状況だったとしたら・・・

本日は豪政策金利もあり、そのまま下落していくのであれば様子見するつもりでしたが、ある程度上昇するのであれば80EMA付近の折り返しを確認したところで戻り売りを狙うつもりでいました。
結果、80EMA(チャート紺色線)を若干超えたところで力尽きた感があり、そのまま21EMA(チャート水色線)先行21EMA(チャート黄色線)5EMA(チャート紫線)割ってきたのでショートしました。(チャート赤○部)

この移動平均線を使ったウェービィの手法はこちらから!


【取引結果】
77.01 short → 72.21 *3枚 = \144000
73.64 short → 72.87 *3枚 = \23100
※業者はマネーパートナーズですが、小数点3位は省略しています。



■今後のテクニカル分析
↓豪ドル円15分足チャート
20081007bunseki

70円というキリのいいところで反発したせいか、底狙いのロングで下値は堅く、15分足チャートでは底が切りあがってきています。ただし、上値も相当重く、ここからはペナントを形成する可能性があります。(チャートピンク線)
現状、まだまだ下落トレンドですのでペナントを上抜けた場合は、ロングをせずに戻り売りを狙っていきましょう。
戻り売りポイントはチャート赤線の76.5,77.9,79あたりだと考えています。
逆にペナントを割ってくるようだとそのままの流れに乗ってショートするのがいいかもしれません。

FXではいかに利益を出すかではなく、いかに損をしないかを考えるほうが結果的にいい方向に向かいますので、最近の激しすぎる相場で利益が出ていなくても気にしないようにしましょう。
損をしなかったことが勝ちですから・・・



■明日の指標
15:45 仏8月貿易収支
15:45 仏8月財政収支
18:00 欧2QGDP確報
19:00 独8月鉱工業生産
21:15 加9月住宅着工件数
23:00 米8月中古住宅販売保留

注目するのは米8月中古住宅販売保留です。
サブプライム以来住宅関連の指標が相場に大きく影響しますので注意してください。
なるべく指標前にポジション整理をし、新たなポジションを持つのはやめましょう。


それでは明日もみなさんに利益が出ますように bye~~

スポンサーサイト
この記事が参考になった方はワンクリックお願いします!
外為ランキングにほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ





Powered by SEO Stats







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。