スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2008年10月6日 本日の相場 

こんばんは、ウェービィです。

この間コンタクトをなくしたと書きましたが、ついにソフトコンタクトに変えました。
今までハードだったのですが、ソフトのフィット感に感動です。(笑)
ただ、慣れてないせいか着け外しにかなり時間がかかってしまいます・・・
外す時なんか10分ぐらいかかりました。大丈夫なんでしょうか?


さて、本日の相場ですが、いきなり窓明けスタートで窓を埋める気配もなく、全通貨下げっぱなしの大荒れに荒れた一日でした。
ドル円は金融安定化法案でも金融危機のこの状況をを打破できないという見方からドル安が進み、リスク回避のクロス円売り日経平均株価の下落で一層激しい下落となりましたね。
豪ドル円は明日のRBA政策金利の利下げ観測で一段安となりました。



■本日の取引
先週の豪ドル円のテクニカル分析では戻り売りを推奨していたのですが、スタートから戻ることなく下落した為、エントリーできず、様子見の一日でした。
結果的には午前中であればどこでエントリーしても利益がでたのですが・・・


続いてMetaTradere4の豪ドル円のチャート画面で今後のテクニカル分析を行います。

MetaTrader4の導入方法過去記事はこちらから!


↓応援クリックお願いします!
外為ランキングにほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ


■今後のテクニカル分析

↓豪ドル円15分足チャート
20081006bunseki

今回の下落は相当勢いがあったので、いつ強烈なリバウンドが来てもおかしくありません。
私としては様子見を続けようと思っています。
エントリーするとすれば、現状、今日の下落の中で細かいリバウンドがすべて21EMA(チャート水色線)で反発していますので、このまま勢いのある下落が続くのであればまた21EMAでの反発を確認後、ショートにてエントリー。
21EMAを越えてくれば薄い抵抗ですが、78,79円付近(チャート赤平行線)80EMA(チャート紺色線)で戻り売りショートでのエントリーを待ちます。
ただし、冒頭にも書きましたが、これだけ相場が荒れてくるとテクニカルが機能しにくくなりますので、様子見をお勧めします。
また、明日はオーストラリアの政策金利やアメリカのFOMCが控えていますので積極的なポジション取りはやめましょう。



■明日の指標
13:30 豪RBA政策金利発表
19:00 独8月製造業受注
27:00 米FOMC議事録
28:30 米8月消費者信用残高

特に注目するのはRBA政策金利と米FOMC議事録です。
RBA政策金利では利下げとの噂ですが、サプライズがあれば一瞬でどちらか値が飛んでしまいますので十分に気を付けてください。



それでは明日もみなさんに利益がありますように bye~~
スポンサーサイト
この記事が参考になった方はワンクリックお願いします!
外為ランキングにほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ





Powered by SEO Stats







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。