スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ウェービィの手法 [一目均衡表トレード] 

こんばんは、ウェービィです。

今回は私の手法解説第二弾として「一目均衡表」の実践的な使い方について解説します。
私の手法としては一目均衡表をメインとしてトレードするのではなく、あくまでも補助的な役割で活用しています。
メインは第一弾で解説した「移動平均線トレード」です。
この移動平均線トレードを軸にして一目均衡表をあてはめるとエントリー、利益確定、損切りのポイントの精度が上がってきます。

「移動平均線トレード」の過去記事はこちらから!

それでは、いつものようにMetaTraderのチャートを見ながら解説していきます。

MetaTrader4の導入方法の過去記事はこちらから!

↓応援クリックお願いします!
外為ランキングにほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ


一目均衡表に関しては4時間足チャートをメインに使用します。
これより短い足は一目均衡表が機能していないように私は思っています。
また、日足での一目均衡表も多少は有効ですが、デイトレードでは使い勝手が悪く、長期保有のポジションを持った時のみ活用しています。

それではまず、MetaTrader4に「一目均衡表」を表示させてみましょう。
左上「Navigator」アイコンをクリックし、左サイドバーの「Custom Indicators」を開けます。
そのツリーの中に「ichimoku」がありますのでこれをチャートへドラッグします。

一目均衡表が表示されたでしょうか?



では、こちらのチャート画像をご覧ください。

↓チャート1
ichimokuup

↓チャート2
ichimokudown

それぞれの線の詳細については以下の通りです。
基準線:青線
転換線:赤線
遅行線:黄緑色
雲:点線に囲まれた部分



各場面について一目均衡表がどのようなチャートを描くかを4項に分けます。
チャートには各対応する項目番号をふってあります。
まずチャート1についてです。

1.上昇トレンドの場合
①ローソク足が雲の上にある
②ローソク足が基準線の上で推移している
③転換線が基準線の上で推移している
  さらに相場が堅調な場合はローソク足が転換線の上で推移している
④遅行線がローソク足の上にある

2.上昇トレンドから下落トレンドへの転換期
①ローソク足が雲の中に入り始める
②ローソク足が基準線を割り込む
③転換線が基準線の下に潜り込む
④遅行線がローソクを割り込む



次にチャート2についてです。

3.下落トレンドの場合
①ローソク足が雲の下にある
②ローソク足が基準線の下で推移している。
③転換線が基準線の下方で推移している
④遅行線がローソクの下にある

4.下落トレンドから上昇トレンドへの転換期
①ローソク足が転換線の上方で推移する
②次いでローソク足が基準線の上方で推移し始める
③転換線が基準線を超える
④遅行線がローソク足を超える
⑤ローソク足が雲の中に入り、最終的には雲の上方に顔を出す
⑥遅行線も雲の上に出てくる


だいたいおわかり頂けたでしょうか?
難しくてよくわからないという方は下の2点の超簡易的な一目均衡表の見方で慣れてみてください。

①ロウソク足が雲を越えるか超えないか
  雲の上限より上にロウソク足が来れば上昇トレンド、雲下限より下に来れば下降トレンドと覚えてください。
②遅行線がロウソク足の上にあるか下にあるか
  遅行線がロウソク足より上に来れば上昇トレンド、ロウソク足より下に来れば下降トレンドと覚えてください。


トレードの仕方としては前回の「移動平均線トレード」と組み合わせると、「80EMAを越えてきたから上昇だと思うが上に雲があるからエントリーはやめておこう」とか「今はトレンドに乗れて利益が出ているがロウソク足の下に遅行線が潜り込んだから一旦利益確定しよう」といったような使い方ができます。

なかなか難しいですが、使っていけば慣れきていろいろな場面に対応出来るようになりますので頑張って習得してみてください。



また、今回の「一目均衡表」に興味を持たれた方は以下の本が大変参考になります。
基本的なトレードについても書かれていますが、一目均衡表に重点を置いていて本の1/4程(200ページ中50ページ以上)がその解説にあてられているぐらいです。
私も初めはとっつきにくかったのですが、この本を読んでだいぶ勉強しました。
良かったら一度読んでみてください。

投資の王道 実践編 [通貨証拠金取引]投資の王道 実践編 [通貨証拠金取引]
(2004/01)
新井 邦宏

商品詳細を見る



スポンサーサイト
この記事が参考になった方はワンクリックお願いします!
外為ランキングにほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ





Powered by SEO Stats







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。